読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギャップ

心理学には「ゲイン・ロス効果」というものがあります。

これは人が総量よりも「変化の度合い」によって大きく影響を受ける心理です。

例えばいつも強気な人が急に弱気な一面を見せたり、

体格がほっそりしていた男性が脱いだらマッチョだった、

なんていうギャップが大きな変化と感じられ、好意を持つきっかけになるのです。

しかし注意すべき点があります。

それは始めからギャップの心理効果を狙って第一印象を悪くするのはNGということ。

上の方でも解説したように、

人は第一印象によって多くの要素を固定化する傾向にあります。

またギャップがいつもプラスに働くとは限りません。

良いイメージから悪いギャップを見せてしまうと、

その分マイナスの影響も強くなることが分かっています。

最も効果的な使い方は、意中の人にだけギャップを見せることです。

例えばいつもはしっかりしている女性が、

その男性の前だけ甘える表情を見せたりすることで

「自分にだけ特別な一面を見せてくれている」と感じます。

いつもはボーイッシュな服装が多い女性も、

デートの際に女性らしい服装をすることで

「その人だけに見せている自分」をアピールすることができます。

SEE YOU NEXT TIME.